キャラクター紹介【みちる】

Posted on 14.11.30

ひがたです。

細々と新作体験版作成を進めております。

本日のブログ更新は、みちるちゃんのキャラクター紹介です。

みんな大好き、ロリ先輩キャラです。小動物系。敬語系。多分。


ブログ_みちる_1

立ち絵

ブログ_みちる_2

ラフ

 

沙倉 みちる(さくら みちる)

 

ボーカル担当。

 

元気系で誰に対しても敬語で話す女の子。
年齢的には上のはずだが、身長が低いせいか可愛がられがち。
そのことを余りよく思っておらず、大人の女性になろうと色々努力をしているらしい。

 

歌がうまく、その実力は悠たちを驚かせる。

 

なぜ、文化祭でライブをしなければならないのか。
真実は彼女の胸の内にだけ秘められている。


 

 

とまあこんな感じです。

キャラクター紹介も難しいですね。

生み出したときも難しかったですし、可愛く書いてあげるのも難しいです。

なぜ、そんなキャラをメインヒロインにしてしまったのか。

シナリオ考えたらそんなキャラになっちゃったからです。

仕方ないですね。

 

余り文章を書いてないのに、アダムス君の絵のおかげで尺が取れましたね。

なお、ラフ時のビジュアル面でもファインプレーしてもらってます。

アダムス君、ちゅっちゅ。頑張ります。

 

以上、ひがた しき でした。

あらすじ紹介とか

Posted on 14.11.24

お久しぶりです。ひがたです。

長らくお待たせしておりました。極東のみかん新作ゲーム『Like a girl』のあらすじ紹介をさせていただこうと思います。


 

~あらすじ~

 

タイトルロゴ

 

『バンド、しませんか?』

季節は春。

吉野 悠(ソシノ ユウ)は高校入学したての1年生。
中学時代の友人、八重山 末摘花・染井 治とバンドを組むでもなく、スタジオでひたすら練習する日々が続いていた。

悠にはプロのミュージシャンになった憧れの人・桐ケ谷陽司との昔の約束があった。
『俺が音楽やってる間にお前もバンドを組め』
その言葉をなんとなくは覚えていつつも、いつか時が来たときに組めばいいと思っていた。

しかし、突如迫りくるタイムリミット。
陽司の所属するバンドが活動休止を宣言するのだった。

そんなとき、悠は少女に出会う。
彼女は六月に行われる文化祭にどうしてもバンドを組んで出演したいと言う。
彼女の歌声に聞き入ってしまった悠はそのお願いを受け入れることになる。

無邪気な元気系ボーカル・みちるから広がった輪は

主人公・悠
無口な同級生ギタリスト・末摘花
素直になれない先輩ドラマー・歌帆
を巻き込んで、物語を走りださせる。

悠は六月の文化祭ライブを見事成功させることができるのか?
そして、みちるの文化祭ライブの目的とは?

『“魂”だけだった君は――
――幽霊だった君は、人間になれましたか?』

――“like a girl”
Raise the curtain――

Good luck and have fun!


 

って感じです。あらすじって書くの難しいですね。

バンドものってよりも、青春模様書いていく感じになると思います。

爽やか~な感じで、駆け抜けていく感じにしたいなとは思ってます。

次回はヒロイン『みちる』ちゃんのキャラクター紹介です。毎週日曜更新の予定なのでよろしくね。

 

以上、ひがたでした。

 

 

 

 

 

 

 

極東のみかん新作「Like a girl」体験版を冬コミにて頒布予定!

Posted on 14.11.08

お久しぶりです。こんな極東の地へわざわざ足を運んでくださってありがとうございます。

 

さて、というわけでついに! 極東のみかん、新作発表です!

タイトルは「Like a girl」

告知

 

本作はいわゆる、青春バンドものです。前作のシアワセ☆クインテットとは違い、今作は熱く青春を駆け抜ける疾走感があるようなシナリオを考えています。ご期待ください。

今作も全年齢のビジュアルノベル式のアドベンチャーゲームです。

メインスタッフは企画・シナリオは前作のサブキャラ三人のシナリオを担当したひがたしき、キャラデザなどのグラフィック関係とその他もろもろはアダムスが担当しています。

これから製作が進むにつれて情報を小出しにしていく(つもり)ので、どうぞよろしくお願いします!

 

さて、タイトルにもあるように、冬コミに受かっていました。というわけで、今作の体験版を頒布予定です。体験版は無料配布を予定しています。

配置は3日目の12月30日(火)「西地区“お”ブロック-23b」です。

スペースに来てくださるだけでもとても嬉しいので、気兼ねなく声をかけていただけると幸いです。

| HOME |

Staff Twitter

ページの先頭へ