live-rally

acroite

Story

 朱鷺ノ森学園に隣接された国内最大の図書館、朱鷺ノ森図書館にはひとつ特別な場所がある。

いろいろな年代の人間が同時に存在できる、"LIVE-RALLY"と呼ばれる空間である。

そこでは年度ごとに選抜された作家の卵である学生たちが、互いに交流し合い刺激し合い、切磋琢磨する場所であった。

主人公・田中 浩平は朱鷺ノ森学園に通う学生で、成績は優秀、素行も問題なくその上、文学の才能まであるいわゆる優等生であった。

しかし、彼の内心は人の価値を才能の優劣で判断し、劣っているものを内心で馬鹿にする傾向があった。

そんな、彼はひょんなことから才能を認められ"LIVE-RALLY"への参加を決める。

"LIVE-RALLY"の中、そこで彼は一人の少女と出会う。

彼女に何の気になしに声をかけた彼であったが、その出会いは彼の運命を大きく変えることとなる。